ロッテ育成ドラ1、高校野球未経験の和田と合意「憧れの角中さんに一歩でも近づけるよう」

[ 2017年11月19日 18:28 ]

 ロッテは19日、育成ドラフト1位指名のBC富山・和田康士朗外野手(18)と富山県高岡市内のホテルで入団交渉に臨み、支度金300万円、年俸240万円で合意した。

 埼玉・小川高では陸上部に所属し、高校野球を経験しなかった異色の経歴の持ち主。ソフトバンク・柳田を目標に掲げるフルスイングが持ち味の18歳は、ロッテのユニホームに袖を通し「やっとスタートラインに立つ事が出来て、より気持ちが強くなってきました。まずは体力をしっかりつけてキャンプインできるように準備していきたい」と目を輝かせた。

 チームメートになる先輩の角中は同じく独立リーグ出身で首位打者と最多安打のタイトルを獲得するまで成長した。「勇気付けられたので、憧れの角中さんに一歩でも近づけるように頑張ります」と誓いを新たにすると「まずは支配下登録を勝ち取ることだけを考えたい」と気を引き締めていた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2017年11月19日のニュース