金本監督、ノックの雨!監督就任以来最多500球超え

[ 2017年11月19日 08:12 ]

金本監督はノックバットを手に野手陣にノックを打つ
Photo By スポニチ

 阪神・金本監督がノックの雨を降らせた。午後からの練習でウインドブレーカーを脱いで“戦闘準備”を開始。“打撃祭り”を繰り広げた室内練習の一角を使った“ノック祭り”の開催だ。中谷、高山、大山、北條ら若手に対して素手で握ったノックバットを振り込んだ。

 「一番優しいノックよ。一番優しい」

 冗談交じりに笑い飛ばしても、守備練習後には選手たちが次々と倒れ込んだ。打ったノックの数は500球を超え、15年秋の監督就任以来最多。痛烈な打球に向かっていった陽川は疲労困憊(こんぱい)の様子で、「本当にしんどかったです…。フラフラですよ…」と声も絶え絶えだった。19日のキャンプ打ち上げを前に厳しい最後の追い込みになった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年11月19日のニュース