青木 10試合連続安打 メッツ移籍後も快音止まらず

[ 2017年9月8日 11:03 ]

ナ・リーグ   メッツ7―2レッズ ( 2017年9月7日    ニューヨーク )

メッツの青木 (AP)
Photo By AP

 メッツの青木宣親外野手(35)は7日(日本時間8日)のレッズ戦に「2番・右翼」で先発出場。初回の第1打席で中前打を放ち、4打数1安打1四球という成績だった。

 これで、青木はメッツ移籍後、6試合すべてに先発出場して安打をマーク。ブルージェイズ在籍時から数えると、10試合連続安打となった。第2打席以降は一ゴロ、四球、遊飛、空振り三振という内容で、シーズン打率は2割7分9厘。

 チームは7―2と快勝を収めて2連勝を飾った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年9月8日のニュース