広島 7連勝でM7 菊池弾で先制 中日キラー薮田は完封

[ 2017年9月8日 20:53 ]

セ・リーグ   広島3―0中日 ( 2017年9月8日    ナゴヤD )

4回裏2死、安部の好守にグラブを叩く薮田
Photo By スポニチ

 広島が薮田の好投で中日に3―0で勝ち、7連勝を飾った。優勝へのマジックは7となり、最短Vは12日。

 先発・薮田が9回6安打で中日打線を完封。4回まで無得点だった打線も5回1死から菊池が左中間スタンドへ14号ソロ本塁打を放って先制すると、7回には田中が四球、菊池が内野安打で無死一、二塁としてから丸が中前へ適時打を放って2点目。8回には右翼フェンス直撃二塁打の安部を二塁に置いて会沢が中越え二塁打を放って貴重な追加点を加えた。

 薮田は初回と7回にそれぞれ2安打を許して得点圏へと走者を進めたが、要所を抑えて失点は許さず。8回には2死から連続長短打を浴びて二、三塁のピンチを迎えたが、ここも後続を断ち切り、菅野に投げ勝ってプロ初完封を飾った8月12日の巨人戦(マツダ)以来2度目の完封勝利を挙げた。

 薮田は対中日戦、デビュー以来無傷の6連勝。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年9月8日のニュース