出た!大谷 363日ぶりの1試合2発 初回先制2ランに続き4回にも2点弾

[ 2017年9月8日 20:12 ]

パ・リーグ   日本ハム―西武 ( 2017年9月8日    メットライフ )

4回2死二塁、2ランを放った日本ハム・大谷
Photo By スポニチ

 日本ハムの大谷翔平投手(23)が8日、西武20回戦(メットライフD)に「3番・DH」で先発出場。6号2ランを放った第1打席に続き、第3打席にも7号2ランを放ってチームの大量リードをけん引した。

 大谷は初回、1死一塁で西武先発の野上が投じたフルカウントからの7球目、外角直球を右中間スタンドへ先制2ラン。チームが大量7点を一挙に入れた4回には7―0で迎えた2死二塁で2番手・ガルセスの代わりバナとなった1ボールからの2球目チェンジアップをフルスイングし、ボールは右翼ポールを直撃する2ランとなった。

 大谷の本塁打は8月17日のロッテ戦(札幌D)以来22日ぶりで、昨年9月10日の楽天戦(コボスタ)以来自身363日ぶり4度目のマルチ本塁打となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年9月8日のニュース