秋山でもダメか…金本監督 それでも成長感じた「去年よりは全然」

[ 2017年9月8日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神4―6広島 ( 2017年9月7日    マツダ )

<広・神>5回、安部(60)に適時三塁打を浴びて勝ち越しを許し、ぼう然とする秋山(左)と金本監督ら阪神ベンチ
Photo By スポニチ

 同一カード3連敗阻止へ、阪神は今季初の広島戦となる秋山を先発に立てた一戦。7月6日のDeNA戦から6連勝中だった右腕をもってしても、広島の勢いは止められなかった。

 「カウントをつくれても、そこから見送られて並行カウントになって苦しくなり、辛抱負けしてしまう投球でした」。右腕の敗戦の弁が、苦闘を物語った。3点リードの3回に田中に2ランを被弾。そして2点リードの5回に捕まった。先頭・会沢の二塁打を皮切りに1死一、三塁とされると、丸、松山、安部、西川に4者連続打点を許して4失点。前回登板まで3試合連続無四球だった男が5回2与四球と勝負球を見極められた結果だった。5回6失点で5敗目の秋山は「抑えないといけない相手。いろいろ対策を講じていきたい」と雪辱を誓った。

 3連勝を目指して乗り込んだ敵地で痛恨の3連敗…。3戦連続の逆転負けは15年8月以来2年ぶりの屈辱となった。アラを探せば数え切れない。だが金本監督はそれよりも、首位との3連戦でいずれも互角の戦いを演じたナインの奮闘に成長を感じ取っていた。

 「これは流れだと思うから。去年よりは全然、広島と戦えているし、きょうも紙一重だと思う。もう本当に、去年とは明らかに(戦いぶりが)変わっている。選手たちも、まだ力の差はあるけど、明らかに近づいているとは思うし。まだ(シーズンが)終わっていないのに、終わったようなコメントになってしまったけど、自信にしてほしい。この3つは流れで取られたような3試合だったから」

 3連敗を喫したが、決して歴然とした差があったわけではない。巡り合わせ次第では、3連勝でもおかしくない戦いぶりだった。そのチーム力を指揮官は信じている。「(明日以降もズルズルは)僕は行かないと思う。行かないと思うし、行ってはいけないと思う」。8日から、甲子園で仕切り直しだ。(惟任 貴信)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年9月8日のニュース