鳥谷 感無量 甲子園で決めた「ファンの方の声援が後押ししてくれた」

[ 2017年9月8日 20:15 ]

セ・リーグ   阪神―DeNA ( 2017年9月8日    甲子園 )

2回1死一塁、2000安打を達成した鳥谷(左)は早大の後輩、DeNA・田中浩から花束を受け取る
Photo By スポニチ

 阪神・鳥谷敬内野手(36)が8日、甲子園球場で行われたDeNA18回戦でプロ野球史上50人目となる通算2000本安打を達成した。

 本拠・甲子園球場が大歓声に包まれた。2点を追う2回。1死一塁で鳥谷が打席に向かう。通算1999安打と大台に王手をかけて臨んだその第1打席、井納からライナーで右中間を破る適時二塁打を放った。

 「打ったのはフォーク。いつもと変わらず後ろの打者につなぐつもりで打席に入った。打席に入った時の歓声が凄かったですね。ファンの方の声援が後押ししてくれました」

 拍手喝采を浴びた鳥谷はヘルメットを取って歓声に応えると、早大で二遊間を組んだ1年後輩のDeNA・田中浩、2000安打を達成している福留から花束を贈られ、笑みを浮かべた。

 阪神の野手では5人目、生え抜きでは藤田平以来、2人目の達成。ただ、通算2000安打目を甲子園で記録したケースはなく、名球会入りの条件となる投手の通算200勝を含めても70年7月7日の大洋戦で村山実が達成しているだけ。野手では初めてとなり、47年ぶり2人目の快挙となった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年9月8日のニュース