中日・京田 尊敬する鳥谷の快挙喜ぶ「出続けることで達成できる」

[ 2017年9月8日 23:29 ]

セ・リーグ   中日0―3広島 ( 2017年9月8日    ナゴヤD )

2回1死一塁、鳥谷は右中間に適時二塁打を放ち、通算2000安打を達成
Photo By スポニチ

 素質あふれる新人は偉大な背中を追い続ける。中日のドラフト2位ルーキー・京田が鳥谷の通算2000安打達成を喜んだ。アマチュア時代から「尊敬する選手の一人」と公言し、特に守備面などを研究してきただけに「長く試合に出続けることで達成できる。試合に出ることが一番」と新たな刺激も受けた。

 走攻守3拍子そろったプレースタイルを持ち味に開幕1軍を果たし、9月8日現在で123試合に出場。同日の広島戦で球団の新人としては99年の福留(現阪神)に並ぶ歴代2位、セ・リーグでは歴代7位タイとなるシーズン131安打目を放った。「数字はともかく、最後まで出続けることが目標」。安打数ではない。連続試合出場を続ける鳥谷のように常にグラウンドにいることが最大の目標である。

 我慢して起用し続けてきた森監督も「ずっと出ていれば、ヒットは打つわな。1本でも多く打てばいい」とし「1つでも多くゴロを捕るのが野手の仕事だし、1つでも2つでも多く走るというのもそう」と打撃面以外のさらなる成長も求める。竜の鉄人となるため、京田が経験と実績を着実に積み重ねていく。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年9月8日のニュース