右肩炎症でDL 岩隈軽症を強調「前からあったもの」

[ 2017年5月17日 05:30 ]

 右肩の炎症で故障者リスト(DL)入りしているマリナーズの岩隈が本拠地で「(違和感は)前からあったもので傷が新たにできたとかではない。休ませれば問題ない」と重症ではないことを強調した。12日に精密検査を受けて4〜6週間の離脱と診断された。

 右肩の状況については「もう毎試合みたいなものでこの5年、10年ぐらい(違和感は)あった」と説明。復帰の見通しについて「4〜6週間と言われたので、それに合わせて状態を見ながらやっていきたい。(前半戦の間には)戻ってこられると思う」と語った。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2017年5月17日のニュース