DeNA 9回3点差追いつき逆転勝ち!最後はロペスがV犠飛

[ 2017年5月17日 21:34 ]

セ・リーグ   DeNA5―4広島 ( 2017年5月17日    マツダ )

<広・D>10回表1死満塁、勝ち越しの右犠飛を放ち、ナインとハイタッチをかわすロペス
Photo By スポニチ

 DeNAは9回に3点差を追いつき、延長10回に決勝点を挙げる逆転勝利を収めた。

 6回、先発投手のウィーランドが左越えソロを放ち先制したものの、7回に4点奪われ逆転を許した。3点を追う9回、ロペスが敵失で出塁し、筒香が四球。1死一、二塁から宮崎が右越え2点三塁打を放ち1点差に迫ると、続く戸柱が初球打ちで中前へ運び同点に追いついた。

 10回は四球と敵失で1死満塁の好機を得ると、ロペスが決勝の右犠飛。敗色濃厚だった試合をひっくり返し、連敗を3で止めた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年5月17日のニュース