レアード守乱で連勝ストップ 栗山監督「ミスはしようがない」

[ 2017年5月17日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム4―6楽天 ( 2017年5月16日    秋田 )

7回2死二、三塁 岡島のゴロをさばくも悪送球するレアード
Photo By スポニチ

 日本ハムはレアードの失策が響き、連勝は4で止まった。3―4の7回2死二、三塁で、三ゴロを一塁へ悪送球し2失点。今季8失策はリーグワーストタイで、チーム失策数も同ワースト27。守乱が昨季王者の低迷の原因でもある。

 5月は打率.400、6本塁打と打撃好調のレアードは「切り替えてやっていく」と前を向き、栗山監督も「ミスはしようがない。レアードの本塁打で勝っている試合もある」とかばった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年5月17日のニュース