早大、反撃及ばず 高橋監督は最終週へ意気込み「早慶戦に全力で臨む」

[ 2017年5月17日 05:30 ]

東京六大学野球   早大4―6立大 ( 2017年5月16日    神宮 )

9回2死一塁、早大の代打・熊田はは右越え本塁打を放つ
Photo By スポニチ

 早大は9回、代打・熊田の1号2ランで2点差に詰め寄ったが及ばず勝ち点を落とした。

 1回戦で2安打完封した小島が6回、下位打線につかまり救援の北浜も連打を浴びた。高橋広監督は小島について「1回戦でベストピッチをしてくれ、疲れもあっての試合。途中まで1点で抑えてくれていたからね」と責めることはなかった。

 優勝の可能性は今後の立大次第となるが「慶応に勝つことが宿命。早慶戦に全力で臨みます」と最終週への意気込みを口にした。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2017年5月17日のニュース