阿部、リーグ最多10度目殊勲打 本拠ヤク戦で本塁打放つと驚異的勝率

[ 2017年5月17日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人5―1ヤクルト ( 2017年5月16日    東京D )

ヤクルトに勝利し、ファンの声援に応える阿部
Photo By スポニチ

 阿部(巨)が先制の8号2ランを含む2安打4打点。今季阿部の殊勲安打(先制、同点、勝ち越し、逆転)は10本目。ロペス(D)、平田(中)の8本を抑えセ・リーグで最も多い。

 阿部が5月までに2桁の殊勲安打をマークするのは04年12本、10年13本、13年11本に次いで4度目。今月はまだ13試合を残しており、どこまで増やすか注目だ。

 また、ヤクルト戦の本塁打は今季初めて。阿部が東京ドームのヤクルト戦で本塁打を打つとチームは30勝3敗3分け(勝率.909)。06年5月7日からは22連勝(2分けを挟む)となった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2017年5月17日のニュース