梅野ブロック禁止に戸惑い「ほとんどセーフになってしまう」

[ 2015年11月16日 08:00 ]

5回1死一、二塁、陽川の左線二塁打と相手の中継がもたつく間に一塁走者・上本が生還(捕手・梅野)

阪神紅白戦 紅組3―4白組

(11月15日 安芸)
 阪神の梅野は来季から本塁でのブロックを禁止とするルール改正に警戒を強めた。

 紅白戦の5回、一塁走者の上本に生還を許したシーンでは、今季までなら微妙なタイミングだったが、新ルール通りに本塁の前で送球を受けてタッチにいったため間に合わず、「ブロック禁止は、かなり影響あります。ヤバイです。ほとんどセーフになってしまう」と戸惑いを隠せなかった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2015年11月16日のニュース