青森山田 神宮大会初出場初勝利 三森幻弾に苦笑も打でけん引

[ 2015年11月16日 05:30 ]

<青森山田・東邦>1回2死二塁、青森山田・三森(右)の打球は、本塁打の判定から二塁打へ覆り、ベンチに伝える

明治神宮野球大会第3日・高校の部準々決勝 青森山田4―3東邦

(11月15日 神宮)
 青森山田は接戦を制し、初出場初勝利を飾った。

 初回、三森が右翼へ放った大飛球が本塁打の判定から先制の適時二塁打に覆り、打った瞬間にガッツポーズした4番は「入れる力がなかった。仕方ない」と幻の通算11号に苦笑い。それでも3回には先頭で追加点の口火を切る左前打を放つなど集中力を切らさなかった。今夏就任したOBの兜森崇朗監督が鍛えた堅守も光り、指揮官は「練習の成果が出た」と自信を深めていた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2015年11月16日のニュース