坂本 お待たせ2点二塁打!16打席ぶり安打から2打席連続適時打

[ 2015年11月16日 21:49 ]

<日本・プエルトリコ>4回1死一、二塁、坂本は左中間に2点二塁打を放つ

プレミア12準々決勝 日本―プエルトリコ

(11月16日 台湾・桃園)
 侍ジャパンの坂本勇人内野手(26=巨人)が4回に貴重な適時打を放った。

 2―0の4回、四球と相手の野選で1死一、二塁の好機を迎えると、坂本が左越えに2点二塁打を放ち、リードを4点に広げた。

 坂本にとって11日、予選ラウンドのメキシコ戦以来、16打席ぶりの安打が貴重な一打に。6回にも1死一、三塁で左前打を放ち、2打席連続の適時打と、日本はリードを5点に広げた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2015年11月16日のニュース