西岡 手術以来初の実戦で3安打「たまたま結果が出た」

[ 2015年2月15日 19:28 ]

5回裏1死一塁、打者・鳥谷の時、一塁走者・西岡は二盗を失敗し、苦笑い(右は北條)

 阪神の西岡が昨年11月に右肘を手術して以来初の実戦となる紅白戦に出場し、3安打を放った。左右両打席で安打を放ち、二塁守備も難なくこなして状態の良さを見せたが「たまたま結果が出た」と謙虚に話した。

 アウトにはなったものの、盗塁を2度試みた。「今はアウトになっても反省できる時期。実戦でどんどんそういう意識を出していきたい」と、上本と争う二塁の定位置獲得へ積極的な姿勢が光った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年2月15日のニュース