守護神・高橋朋フリー初登板 30球投げ安打性2本だけ

[ 2015年2月15日 05:30 ]

打撃投手を務める高橋朋

 西武の守護神・高橋朋がフリー打撃に初登板した。

 30球を投げて安打性の当たりは2本。木村に柵越えを1本許したが、石川がのけぞりながら見逃すほど切れのあるスライダーでストライクを奪った。「変化球も曲がって、直球も良かった。本塁打は厄払いと考えます」と笑顔で話した。宿舎には漫画「シャーマンキング」全32巻を持ち込むほど漫画好きな左腕。昨季は29セーブを挙げたが「投げろと言われたところで貢献したい」とフォア・ザ・チームを強調した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年2月15日のニュース