新井ド派手広島復帰弾!紅白戦初出場初打席で打った

[ 2015年2月15日 06:15 ]

2回表(紅)1死、新井は左中間に本塁打を放ち天谷(右)とハイタッチ

紅白戦 紅組6―8白組

(2月14日 天福)
 決意の一振りだった。広島・新井貴浩内野手(38)が14日の日南キャンプで行われた紅白戦(天福)で、紅組の「5番・DH」として実戦初出場。2回の初打席で左中間席に特大の“復帰初本塁打”を放って定位置獲りを猛アピールした。野球人生をかけ、8年ぶりに古巣へと帰ってきた大砲。持ち味の長打力と集中力に陰りはない。

 豪快なスイングから放たれた打球は、左中間スタンド中段に弾んだ。ゆっくりとダイヤモンドを一周した新井は、ヘルメットのツバを右手でつかみ、照れくさそうに大歓声に応える。

 「たくさんの応援や拍手をもらってホント…うれしかったです」

 復帰後“初打席初本塁打”は野球人生をかけ、愛する広島に帰ってきた男の決意の証しだった。

 初の実戦で確認しておく最重要ポイントは「反応」だった。2回1死。カウント1―2と追い込まれた状況で野村の外角高め直球に対して、自然にバットが出た。「初めての実戦で思ったより、体が反応した。順調じゃないですか」。課題をクリアできたことにに満足感があった。

 大ベテランの域に足を踏み入れた新井だが、キャンプ中の実戦の場を「ハッキリ言って、調整とかじゃない」と位置付ける。定位置奪取への高い意識は走塁にも表れた。4回無死二塁から左越え二塁打で出塁し、三塁へと進むとその後、天谷の二ゴロで本塁に突入。左手で本塁を払う好走塁で生還してみせた。新井の状態の良さに阪神・古里スコアラーは「自分のポイントに来た球は見逃さない。注意しておかないと、と報告します」と警戒を寄せた。

 うれしい偶然があった。2打席で出番を終えた新井は球場エントランスで満面の笑みの松田元(はじめ)オーナーと遭遇。「ああいう美しい本塁打をたくさん見せてくれよ」とエールを受けた。直立不動で「たまたまです…」と笑顔を返した大砲。復帰を後押しし、温かく迎え入れてくれた球団トップの言葉に胸を打たれた。

 緒方監督も「いい状態でキャンプインして、いい調整をして、いい仕上がりを見せている。そのままの結果」と存在感を認める。きょう15日の紅白戦(天福)もDHでの出場予定で、17日からの沖縄2次キャンプでの実戦では、守備にも入る。

 「最高のシーズンにしたい」

 プロ17年目。新井は短い言葉に不退転の決意を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年2月15日のニュース