大谷 左腕攻略に手応え「真っすぐ系打てて良かった」

[ 2015年2月15日 05:30 ]

<日・De>球場入りの時にファンからプレゼントをもらう大谷

練習試合 日本ハム6―3DeNA

(2月14日 名護)
 「5番・DH」で先発出場した日本ハム・大谷は、苦手の左腕克服に手応えをつかんだ。右腕の山崎康には三振を喫したが、4回2死ではドラフト4位左腕・福地(三菱日立パワーシステムズ横浜)の136キロ外角直球を中前に運び「左投手の真っすぐ系を打てて良かった」。昨季は対右投手の打率・288に対し、対左は同・224と苦戦した。8回2死の第4打席でも左腕・田中の137キロ直球を狙い打ちし右飛。「少し(直球が)沈んだ。もうちょっとだった」。打ち損じを悔やんだが、感覚は悪くない。

 初の対外試合となった11日の阪神戦(名護)から2試合連発とはならなかったが、打撃の調子は維持。バレンタインデーのこの日、ファンからもらったチョコはチームNo・1で「入浴剤ももらったので使いたい」と笑顔で球場を後にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年2月15日のニュース