ミスター東京五輪野球PV出る!協議復帰へ一役買う

[ 2015年2月15日 06:15 ]

球場を後した長嶋終身名誉監督は車に乗り込む

 巨人・長嶋茂雄終身名誉監督(78)が14日、2020年東京五輪での野球、ソフトボール競技復帰へ一役買った。競技復帰を国内世論に訴えるプロモーションビデオ(PV)に出演することが決定。この日、巨人キャンプ視察後に宮崎市内でPVの撮影に臨んだ。

 このPVは東京五輪での追加種目入りを目指して日本野球機構(NPB)、全日本野球協会(BFJ)、日本ソフトボール協会(JSA)の3団体による合同会議で決定して製作するもので、長嶋氏は茶色の革のジャケットにベージュのズボンという姿で登場。左手でボールを投げるシーンが撮影された。長嶋氏の五輪への思い入れは深く、日本代表監督を務めた04年アテネ五輪は脳梗塞で倒れて現地での指揮を断念。亡き亜希子夫人と巡り合ったのも前回1964年の東京五輪だった。今年1月に成田山新勝寺へ恒例の参拝をした時には「東京五輪まであと5年。是が非でも日本の関係者に頑張ってもらい、五輪の正式種目に復活してもらいたい」と語っていた。

 3月21日に開幕するセンバツで初公開されるPVには、ソフトバンク・王貞治球団会長も出演する予定。ONが日本ハム・大谷、阪神・藤浪ら現役選手たちとともに競技復帰を訴える。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年2月15日のニュース