イチロー マーリンズ入団会見「球団のやたら熱い思いに応えたい」

[ 2015年1月29日 12:20 ]

マーリンズの入団記者会見で笑顔を見せるイチロー外野手

 マーリンズと1年契約を結んだイチロー外野手(41)が29日、デービッド・サムソン球団社長、ダン・ジェニングスGM、マイケル・ヒル編成担当取締役の球団幹部同席の下、東京都内で入団会見を行い、「球団のやたらに熱い思いが伝わってきて、この思いに応えたいという気持ちが沸いてきた」と意気込みを語った。

 黒のスーツ姿で登場したイチローは「ただただ恐縮しております。この機会を日本で実現できるということは通常ありえないと認識しています」と球団幹部が来日しての会見となったことに感謝。「球団のやたら熱い思いが伝わってきて、この思いに応えたいという気持ちが大きく沸いてきた。僕がこの2年間欲していたものはこれだったんじゃないかと思っています。選手として必要としてもらえること、これが僕にとっては何よりも大切なもので大きな原動力になると思います」と笑みを浮かべて新天地での抱負を口にした。

 背番号はヤンキースでつけていた「31」から、オリックスとマリナーズ時代につけていた「51」に決定。イチローはヤ軍で最初にサインを書いた時に「51」と書いてしまったエピソードを明かし、「無意識で51と書けることが非常にうれしい」と話した。

 イチローはヤンキースでプレーした昨季は143試合に出場し、102安打を放って打率・284、1本塁打、22打点、15盗塁の成績を残した。シーズン終了後にFAとなり、今月23日にマーリンズと1年契約で合意。年俸は200万ドル(約2億3600万円)。メジャー15年目で初のナ・リーグでのプレーとなる。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年1月29日のニュース