ジョンソンは“侍魂”を胸に…父方祖母が日本人、夢かなった

[ 2015年1月29日 05:30 ]

新天地での活躍を誓い意気込むジョンソン

 先発ローテーション入りが期待される広島の1メートル93の長身左腕ジョンソンは「自分はゴロを打たせて取るタイプ。球数を抑え、1回でも多く投げることができる。勝ち星にこだわりたい」と意気込んだ。

 メジャー通算は0勝3敗ながら、3Aでは2年連続で2桁勝利を挙げたジョンソンは父方の祖母が日本人で、米カリフォルニア州在住のイイジマ・ミツイさん。幼い頃に日本土産として「サムライ人形」をもらった経験がある。

 「僕の中には日本の血が入っている。その意識はある。いつか日本でプレーしたかったし、それがかなったのはうれしい」。それだけに日本での生活も心配はしていない。「言葉が通じないのはしようがない。自分で壁をつくらず、溶け込もうといろいろなことを吸収するよ」と笑顔で語った。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年1月29日のニュース