阿部 初日から全開!バット3種をテスト「形整ってきてる」

[ 2015年1月29日 05:30 ]

3本のバットを片付ける阿部

 巨人の1軍合同自主トレが宮崎市の木の花ドームでスタートした。捕手から一塁へ転向した阿部は、マシン打撃やフリー打撃で全選手の中で最長となる1時間以上の打ち込みを敢行。176スイング中、安打性85本を放ち「体は動く。グアムみたいに暑くないからたくさん打てた」と笑った。

 今月のグアム自主トレでは例年以上に走り込み、バットを振り込んだ。この日は重さの違う3種類のバットを使用。「一番リラックスできる」とグリップの位置を左肩付近から胸付近に置く構えに変更するなど打撃改造にも取り組み、「形は整ってきている。数を打って無意識の状態でできるようにしたい」とさらに洗練させていく考えだ。

 一方、阿部と4番を争う村田は、対照的にティー打撃のみで45分間、入念にフォームを確認。「開幕でそこ(4番)を狙ってやるのが僕の責任。チーム内で良い競争ができれば」と力を込めた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年1月29日のニュース