イチロー過去の入団会見 「ジャーン」跳び上がって1回転、ヤ軍では涙

[ 2015年1月29日 08:35 ]

京都の任天堂本社でマリナーズ入団会見を行ったイチロー

 マーリンズと1年契約を結んだイチロー外野手(41)は29日、東京都内でデービッド・サムソン球団社長(46)ら同席の下で入団会見を行う。球団幹部が来日する超VIP待遇で「レジェンド」を出迎える。

 【イチロー 過去2度の入団会見】

 ▽マリナーズ 00年11月19日に3年契約を結び、マ軍の筆頭株主である任天堂本社(京都市内)で入団会見。約140人以上の報道陣とテレビカメラ15台に囲まれ「(契約を結んで)光栄ですし…、光栄です」と珍しく言葉に詰まる場面もあった。同席したハワード・リンカーン最高経営責任者から帽子とユニホームを渡され、「ジャーン!」と跳び上がって1回転し、背番号51のユニホーム姿を披露。

 ▽ヤンキース 12年7月23日(米国時間)に自ら志願してトレード移籍。同日にセーフコ・フィールドで行われた古巣マ軍戦前に入団会見を行い、涙を浮かべ「環境を変えて刺激を求めたいという強い思いは芽生えていた。それなら、できるだけ早くチームを去ることが僕にとってもチームにとってもいいと思った」と説明。直後の試合で背番号31を背負い「8番・右翼」で先発出場し、3回の初打席で移籍後初安打を記録。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年1月29日のニュース