億万長者の大リーガーもオフになれば“一般人”と同じ

[ 2014年11月24日 19:40 ]

ジャイアンツのWRベッカム(右)は片手でパスを捕球 (AP)

 オフに入っても大型契約やトレードなど、話題に事欠かないメジャーリーグ。関わる選手、関係者は交渉などでさぞかし多忙な日々を送っていることだろうが、移籍とは関係のない選手たちは完全にリラックスモードのようだ。

 23日に行われた米プロフットボールのNFLの試合で、ニューヨーク・ジャイアンツのWRオデル・ベッカムが見事な片手キャッチを披露してタッチダウン。このベッカムの“曲芸キャッチ”に試合をテレビで見ていた多くのメジャーリーガーが自身のツイッターで反応。ミリオンダラーのメジャーリーガーも、オフになれば一般人と何ら変わらないようだ。

 「こりゃスゲエな!」と驚愕した今季ア・リーグMVPに輝いたエンゼルスのトラウトをはじめ、ナショナルズのハーパーも「ベッカムの片手キャッチだ!ワオ!」と世界中に自身の感動を発信。先日の日米野球でも来日していたナショナルズの左腕ブレビンスも「素晴らしいキャッチだ!」とテレビの前で釘付けだった模様。一方、アスレチックスのレディックは「みんなベッカムのキャッチで話題みたいだけれど、俺は別番組を見ていた…」と涙のイラスト入りで話題についていけないことを嘆いていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年11月24日のニュース