アストロズ ヤンキース守護神の獲得に動く

[ 2014年11月24日 15:21 ]

デービッド・ロバートソン(左)は黒田と談笑する (AP)

 現地メディアは23日、ヤンキースからフリーエージェントとなっているデービッド・ロバートソン投手(29)の獲得にアストロズが動いていると報じた。

 昨年限りで現役を引退したマリアノ・リベラの後継者としてヤンキースのクローザーを任されたロバートソンは今季63試合に登板してリーグ3位の39セーブを記録。武器であるナックルカーブをうまく投球に織り交ぜて三振を量産し、64回1/3を投げて96奪三振、奪三振率13・43とクローザーとしての役割を十分に果たした。

 ヤンキースも残留を望んではいるが、4年で5000万ドル(約59億円)程度といわれるロバートソンの要求を飲めないようで、今季70試合に登板して防御率1・40と中継ぎエースとして活躍したベタンセスが来季はその穴を埋めそうだ。また、アストロズはジャイアンツのロモ、オリオールズのミラーにも興味を示しているという。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2014年11月24日のニュース