楽天が東北6県でシーズン報告会、長谷部は“レジェンド”ものまね

[ 2014年11月24日 16:13 ]

青森市内の「明の星ホール」で中日・山本昌の投球のものまねを披露する楽天・長谷部(右)に笑みを見せる浜矢(左)、釜田)

 楽天は24日、東北6県10会場でシーズン報告会を行った。

 青森市の「明の星ホール」には立花球団社長、嶋、長谷部ら5選手が登場、700人のファンの前でサイングッズのプレゼントや質問コーナーなどで交流した。

 報告会で、長谷部は「出来ませんよー」と言いながらも同じ左腕の中日・山本昌のものまねを高い完成度で披露。ベテランの川井は「1年でも長く(現役を)やりたい」と語り、進行役を務めた立花社長に頭を下げると「70歳までやってもらいます」と返され、会場は大いに盛り上がった。

 この日は選手が各会場に分かれてファンと交流、来季への巻き返しを誓った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2014年11月24日のニュース