楽天 守護神炎上でまさかの逆転負け、交流戦初優勝逃す

[ 2013年6月13日 22:56 ]

9回、広島に逆転された楽天・ラズナー。手前は生還した堂林

交流戦 楽天4―5広島

(6月13日 Kスタ宮城)
 楽天は土壇場で逆転負けを喫し、交流戦初優勝を逃した。3―1の9回1死無走者からラズナーが4連打を浴びて追い付かれ、さらに2死一、二塁で丸に勝ち越しの三塁打を許した。「則本の勝ちを消してしまって申し訳ない」と肩を落とした。

 打線は1回にマギーの3ランで先制したが、その後は再三の好機をものにできなかった。星野監督は「途中で1点でも取っていれば良かった。みんな力みが入っていたな」とため息をついた。

 2試合連続で終盤に逆転されて球団初のタイトルを逃した。指揮官は「連敗していたらそんなものは無い」と吐き捨てるように話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月13日のニュース