明大・山崎 初の無四球完投 指揮官「さすがエース」

[ 2013年6月13日 06:00 ]

<創価大・明大>明大・山崎は5安打1失点で無四球の完投勝利を挙げる

全日本大学野球選手権第2日・2回戦 明大4―1創価大

(6月12日 神宮)
 明大の左腕・山崎が5安打1失点で完投勝利を挙げ、5年ぶりの8強入りを決めた。

 続投を志願した9回に失点し完封は逃したが、直球は自己最速タイの148キロを計測。「調子は良かった。負けられないので、最初から飛ばしていった。いかに自分の力を出せるかを考えた」と振り返った。両コーナーへの制球力が良く、107球中73球がストライクで、ストライク率は68%。自身初の無四球完投に「結果が出たのは自信になる」とうなずいた。数日前に先発を決めたという善波達也監督は「無四球を評価したい。さすがエース」と称えていた。

 ▼明大・菅野(6回1死一、二塁から右越え3ラン)打った瞬間に行ったと思った。外を狙っていたが、内の球にうまく反応できた。

 ▼創価大・岸雅司監督(明大・山崎について)いつもよりコンパクトにいこうと言っていたが、左であれだけの球威があると打つのは難しい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月13日のニュース