西武ドラ1増田 初登板で黒星、不運…打ち取ったが味方失策

[ 2013年6月13日 23:37 ]

11回中日1死一、二塁、井端の二ゴロで併殺を狙った遊撃手浅村が一塁に悪送球し勝ち越しを許す

交流戦 西武3―4中日

(6月13日 西武D)
 西武のドラフト1位新人、増田のプロ初登板はほろ苦いものになった。

 3―3の11回に登板。大事な場面に「自分の自信のある球を投げようと思った」と言う。1死一、二塁から井端を二ゴロに打ち取ったが、併殺を狙った遊撃の浅村の送球が乱れて勝ち越し点を許した。右腕は「引きずってもしょうがない。チームに貢献できるようにしたい」と前向きに話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年6月13日のニュース