ルーキー松葉2勝目 元虎党「応援してもらっているつもりで投げた」

[ 2013年5月16日 09:05 ]

李大浩らナインを出迎える松葉(左から2人目)

セパ交流戦 オリックス9―2阪神

(5月15日 甲子園)
 前回登板でプロ初勝利を挙げたオリックスのルーキー松葉は大量点に守られての2勝目。交流戦はもちろん、甲子園でも初めての白星となった。

 5回を6安打2失点。強打の阪神打線を相手に4回を除いて走者を出す苦しいマウンドだったが、敵の声援を「気にしないで、応援してもらっているつもりで投げた」と度胸の良さで何とかしのぎ切った。かつては阪神ファン、“聖地”のマウンドは「いい経験になりました」と振り返った。

 ただ、野手に助けてもらったことも事実、「感謝したい」と自らの投球内容には満足していなかった。これで2試合連続の勝利投手「この流れを続けたい」とルーキー左腕は、オリックス上位進出へ頼もしかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月16日のニュース