駒大、勝ち点4で首位 23季ぶりV王手

[ 2013年5月16日 17:48 ]

 東都大学野球リーグ第6週第3日は16日、神宮球場で3回戦2試合を行い、駒大が亜大を2―0で下し、2勝1敗で勝ち点4として首位に立った。残る国学院大戦で勝ち点を挙げれば、23季ぶりの優勝となる。亜大は勝ち点3。国学院大は中大に3―0で勝ち、2勝1敗で勝ち点3とした。

 駒大は左腕今永が、10安打されながらも今季初完封し6勝目を挙げた。国学院大は小刻みに得点し、継投で反撃をかわした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月16日のニュース