牧田 あくなき探求心 打撃で“二刀流”「結構ざわついてましたね」

[ 2013年5月16日 06:00 ]

<ヤ・西>2回1死二、三塁、左打席に入った西武・牧田は三振に倒れる

交流戦 西武9―3ヤクルト

(5月15日 神宮)
 西武・牧田があくなき探求心を発揮した。変幻自在のサブマリンだけではない。打撃の「二刀流」で観客を驚かせた。

 2回。スッと左打席に入った。登録は「右打ち」だけに「結構ざわついてましたね」とニヤリ。死球から右手を守るために、昨季までの交流戦は全て右打席だったが、実は高校時代は両打ちで「左の方が振りやすいし、打てるのであれば左でいこうと思っていた」。この日は少しでも打てる確率が高い「左」を選んだ。結果は1、2打席とも三振。すると3打席目のネクストバッターズサークルに、右打者用のヘルメットや肘当てをつけて向かった。投手は右腕の押本だったが「(8番から打順が始まるため)バントもあるかもしれない」。バントは「右」で練習してきた。8番の炭谷が倒れ走者がいない場面だったが、そのまま右打席に立ち三振。それでも右左を使い分けた。

 本職でも今季ここまで常にセットポジションで投げていたが、初めてノーワインドアップで投球。「不安だったけど直球で押したいと思った。球速は一緒かもしれないが球の強さが違う」。7回3失点でつかんだ4勝目以上に、そのチャレンジ精神が輝きを放っていた。 

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月16日のニュース