それでも退場 ノリ断言「明らかにアウト 捕ってから足が来た」

[ 2013年5月16日 08:13 ]

<横・楽>6回無死一、二塁から小山のバントを捕手・鶴岡は三塁に送球。これがセーフと判定されDeNA・中畑監督(左から2人目)が橋本塁審(右)に激しく抗議。中村(右から2人目)も中村球審に抗議

交流戦 DeNA5-7楽天

(5月15日 横浜)
 DeNA・中畑監督退場のきっかけとなった三塁でのクロスプレー。鶴岡からの送球を受けた中村は「明らかにアウト。(送球を)捕ってから(島内の)足が来た。よし、ゲッツーだと思ったのに…」と悔しがった。

 打っては9回に中越え6号2ランを放つなど3安打3打点の活躍。この日3度目のフリーエージェント(FA)権の資格取得条件を満たした39歳は「ファンの人に最後まで“何かあるな”と思わせることができたかな」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月16日のニュース