宮国の後輩、中大・神里 2安打4打点 V争い望みつないだ

[ 2013年5月16日 06:00 ]

<中大・国学院大>3回2死二塁、右越え適時三塁打を放つ中大・神里

東都大学野球第6週第2日 中大9―2国学院大

(5月15日 神宮)
 5番から7番に下がった中大・神里が、2安打4打点をマークした。

 初回2死満塁から右中間へ逆転の走者一掃二塁打を放つと、3回にも右中間適時三塁打。いずれも追い込まれながら打ち返し「打てていなかったので、貢献したいと思って思い切り行った」と振り返った。糸満では巨人・宮国の1学年後輩で、今でも連絡を取り合う。優勝争いに望みをつなげ「みんなで勝つつもりで」と意気込んだ。

 ▼国学院大・石川主将(逆転負けに)野手も投手も粘れなかったのは課題。強い気持ちを持ってやるだけ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月16日のニュース