マエケンは2億円を保留…希望額届かず、越年へ

[ 2012年12月19日 19:08 ]

契約更改を保留し、記者会見する広島の前田健太投手

 セ・リーグの最優秀防御率のタイトルを獲得した広島の前田健太投手(24)が19日、広島市のマツダスタジアムで契約更改交渉に臨み、5千万円増の年俸2億円を保留した。

 7200万円増だった2010年オフと同等の増額が希望とみられ「評価はしてもらっている。ただ、難しい」と約2時間の交渉を終え、渋い表情で話した。次回は年明けになる見込み。

 前田健は今季14勝7敗、防御率1・53、171奪三振と主要3部門で好成績を残した。「僕の中では(内容が沢村賞に輝いた)おととしより良かった。もう一度整理して考える時間が欲しい」と話した。(金額は推定)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年12月19日のニュース