内外野手から3人落選へ 浩二監督「総合的に判断する」

[ 2012年12月19日 06:00 ]

名球会イベントを終え、ホノルルの空港から帰国する侍ジャパンの山本監督

 捕手は侍ジャパンの山本監督が3人制を敷くことを明言しており、全員選出されることが確実。内外野の15人のうち3人が落選する計算だ。各ポジションの中で二塁手については「キャンプを見て総合的に判断する」と同監督。本来は遊撃の鳥谷が最有力候補で、松井稼との争いとなりそうだ。

 あとは代走と代打要員。俊足を誇る聖沢、本多、さらに代打なら中田、村田、角中がメンバー入りをかけて火花を散らすことが予想される。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年12月19日のニュース