体罰、金銭受領…神港学園の監督処分 高野連判断は来年1月に

[ 2012年12月19日 18:44 ]

 日本高野連は19日、大阪市内で定例の審議小委員会を開き、部員に体罰を加え、進路をあっせんした卒業生の保護者から現金を受け取った神港学園(兵庫)の監督の処分の日本学生野球協会審査室への上申について、来年1月中旬にも開かれる審議委員会で結論を出すことを決めた。

 日本高野連は保護者から現金を受け取ったケースについて「(審議した)前例がない」として、一部の委員しか出席しない小委員会ではなく、全委員が参加する定例の審議委員会を2月から前倒しして議論する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年12月19日のニュース