宮本、2000安打達成も減額「いいシーズンではなかった」

[ 2012年12月19日 18:05 ]

契約更改を終え、記者会見するヤクルトの宮本慎也内野手

 ヤクルトの宮本慎也内野手(42)が19日、東京都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、3500万円減の年俸1億6500万円プラス出来高払いでサインした。

 5月に史上40人目となる通算2000安打を達成したが、7月末に肋軟骨を骨折して約1カ月戦線を離脱した。110試合の出場にとどまり「一番大事なときにけがをした。いいシーズンではなかった」と振り返った。

 いったん引退を決意しながら球団に慰留され、現役続行を決めた。プロ19年目に向け「優勝しか頭にない。試合が終わったら何もできない、というくらい全力をそそいでやりたい」と言葉に力を込めた。(金額は推定)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年12月19日のニュース