中島 日本人メジャー4人目の遊撃手 松井稼超えなるか

[ 2012年12月19日 07:21 ]

アスレチックスと合意した中島

 西武から海外フリーエージェント(FA)権を行使して大リーグ移籍を目指していた中島裕之内野手(30)が17日(日本時間18日)、アスレチックスと合意した。

 中島は64年に村上雅則がジャイアンツと契約して日本人メジャー1号となって以来、51人目の日本人メジャーリーガーとなった。

 内野手としては、04年にメッツ入りした松井稼(現楽天)が1号で、中島は7人目となる。遊撃手としては松井稼、西岡(現阪神)、川崎(マリナーズからFA)に次ぐ4人目。遊撃で通算最多の111試合に先発した松井稼も2年目の05年以降は二塁へコンバートされており、中島がア軍で1年間レギュラーとしてプレーできれば、松井稼超えを果たすことになる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年12月19日のニュース