高橋 来季も米国希望

[ 2012年10月4日 08:43 ]

 最終戦に登板したパイレーツの高橋は、1回を2安打0点に抑え「ことしはいろいろ大変だったけれど、自分の中では楽しめた」と振り返った。

 初のマイナー降格や、エンゼルスからパイレーツへのシーズン中のトレードを経験し「自分を知ってもらう努力をしたし、新しい仲間が増えた」と話す。

 来季については「米国に来る時、眠れなくなるほど悩んだ。簡単には帰れない。自分が納得できるまでこっちでやりたい」と決意を口にした。(共同)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月4日のニュース