死球で夢断たれた男 7年ぶりメジャーで笑顔の三振「最高」

[ 2012年10月4日 06:00 ]

<マーリンズ・メッツ>6回、代打で登場のマーリンズ・グリーンバーグは空振り三振に倒れる

ナ・リーグ マーリンズ4―3メッツ

(10月2日 マイアミ)
 マーリンズのグリーンバーグが8年越しの夢をかなえた。カブスに所属した05年7月9日のマーリンズ戦で、9回に代打でメジャーデビュー。しかし速球を後頭部に受けて退場し、その後は視覚障害などでメジャーに戻れなかった。

 償いの意味を込めた1日限定契約というマ軍の粋な計らいでこの日のメッツ戦で登録されると、6回先頭から代打で出場。3球で空振り三振に倒れたが、温かい拍手が送られ「今まで体験したことのない雰囲気だった。最高だった」と大喜びした。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2012年10月4日のニュース