パイレーツ元オーナーが衝撃告白「アイ・アム・ゲイ」

[ 2012年9月24日 06:00 ]

ゲイであることを告白したパイレーツ元オーナーのケビン・マクラッチー氏

 96~07年までの12年間、パイレーツでオーナーを務めたケビン・マクラッチー氏(49)が、ニューヨーク・タイムズ紙のインタビューで「私はゲイだ」と衝撃告白をした。

 もっとも告白の理由は、米4大プロスポーツで選手が現役中にゲイであることを公言しにくい環境にあることを問題視してのこと。「対話を始めなければ何も解決できない。そして今は対話がない」として、スポーツ界におけるゲイの市民権獲得を主張している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年9月24日のニュース