青木 二塁打も20勝左腕にうなった「いい投手」

[ 2012年9月24日 06:00 ]

<ナショナルズ・ブルワーズ>2回、スズキの右飛を好返球、三走モースを本塁で刺したブルワーズ・青木

ナ・リーグ ブルワーズ4―10ナショナルズ

(9月22日 ワシントン)
 ブルワーズの青木が6回に二塁打を放ち、連続試合安打を12に伸ばした。この日、メジャー一番乗りで20勝を挙げた左腕G・ゴンザレスの外角速球を中越えへ。9点ビハインドの場面だったこともあり「点差が開いたので気が抜けていたのでは。(空振り三振した)1打席目は打てる球がなかったし、いい投手」と淡々と振り返った。

 守備では2回にタッチアップを狙った三塁走者を好返球で刺し、今季8個目の補殺を記録したが「アウトにして当然というタイミング」と控えめだった。

 大差がつき、青木は次戦以降に備えて7回の守備から交代した。連勝が6で止まり、ワイルドカード2位のカージナルスとは2・5ゲーム差に逆戻り。「きょうは序盤で勝負がついてしまった。気持ちを切り替えてあすは勝てるように」と前を向いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年9月24日のニュース