吉永「記憶ない」1回降板 岡村監督「悪循環になっているかも」

[ 2012年9月24日 18:17 ]

東京六大学野球リーグ第3週第2日 明大7―0早大

(9月24日 神宮)
 春に4勝を挙げ、早大の優勝に貢献した吉永がリーグ戦初黒星を喫した。制球に苦しみ、本人が「記憶にない」という1回途中降板。「フォームがしっくりこなくて、ストライクが入らなかった。こういう試合をつくって申し訳ない」とわびた。

 精彩を欠いた9日の東大戦で、3失点したことが影響しているようで「力みのある中で投球してしまった」と反省した。岡村監督は「心理的、技術的に調子が出ないことから、悪循環になっているかもしれない」と1年生右腕の心中を思いやった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年9月24日のニュース