広島・ワールドスポーツクラブ4強進出!最強軍団で初Vだ

[ 2012年9月24日 06:00 ]

<ワールドスポーツクラブ・がんじゅう整骨院>降雨の中で力投するワールドスポーツクラブ・伊藤

スポニチ主催高松宮賜杯第56回全日本軟式野球大会1部第2日

(9月23日 福島県営あづま球場ほか)
 4会場で2回戦8試合と準々決勝4試合が行われた。7年ぶり2度目の出場のワールドスポーツクラブ(広島)が、準々決勝でがんじゅう整骨院(沖縄)を7―1で下したほか、初出場のアスレチックス倶楽部(埼玉)、宮崎サニクリーン、三光電気インディアンス(東京)がそれぞれ4強入りを決めた。24日は準決勝2試合と決勝が行われる。

 広島・ワールドスポーツクラブは前日の1回戦で1安打完封した伊藤が、この日の準々決勝でも散発3安打で1失点完投。降雨で最悪のグラウンドコンディションにも「逆にいい経験になった」とエース右腕は頼もしかった。チームは今大会3試合を戦い、4強入りしたチームの中で最少となる1失点しか許していない。前回大会は2回戦敗退だったが、37歳の大土井主将は「ここ数年で最強のチーム。自慢の守備に加え打撃も上向き」と県勢初の頂点へ自信を見せた。

 ▽2回戦
中畑クラブ(福島)
 000 000 00―0
 021 201 01X―7
ワールドスポーツクラブ(広島)
 (中)鴫原―内藤
 (ワ)粟村―久木田

 ▽準々決勝
がんじゅう整骨院
 100 000 000―1
 002 005 00X―7
ワールドスポーツクラブ
 (が)冨名腰、岩切―山城拓、金城
 (ワ)伊藤―久木田

 ○…その他の結果…○

 ▽2回戦
愛車道(山口)
 000 000 002 01―3
 002 000 000 02X―4
三光電気インディアンス(東京)
 (愛)吉住―高坂恭
 (三)吉崎―杉田

ファミリー寿司まんぼう(北海道北)
 402 000 00―6
 053 220 01X―13
新光電気工業(長野)
 (フ)高石、河尻、杉村―川口、津田、庄司智
 (新)児山―藤沢

がんじゅう整骨院(沖縄)
 000 000 102―3
 000 110 000―2
ボッシュ・レックスロス(茨城)
 (が)岩切、冨名腰―山城拓
 (ボ)金田―田中

三菱伸銅(開催地)
 002 100 010 0―4
 000 100 003 1X―5
山形市役所(山形)
 (三)斉藤、五十嵐、大久保―真壁
 (山)明泉、笹原―沼沢

圏外(奈良)
 000 100 000―1
 001 003 00X―4
袖ケ浦市役所(千葉)
 (圏)坂口裕、坂口将―麻田和
 (袖)上出、長谷川―中條

宮崎サニクリーン(宮崎)
 300 400 000―7
 010 000 400―5
佐川急便四国(香川)
 (宮)松山、日高―丸野
 (佐)上嶋、阿倍、村尾、吉田―大下、中村啓

 ▽準々決勝
宮崎サニクリーン
000 100 101
 003―6
 001―4
000 000 030
新光電気工業
 (宮)平山―丸野
 (新)河野、関―藤沢

山形市役所
 101 001 110―5
 200 050 01X―8
三光電気インディアンス
 (山)笹原―沼沢
 (三)吉崎―杉田

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年9月24日のニュース