首位が…斉藤 痛恨の盗塁死「鶴岡さんの術中にはまった」

[ 2012年9月24日 06:00 ]

<西・日>2回無死一塁 浅村の時に西武・斉藤(右)は二盗を試みるもアウト

パ・リーグ 西武2-6日本ハム

(9月23日 西武D)
 連日にわたる逆転劇の興奮が、一気に冷めてしまった。西武は首位・日本ハムに逆転負け。返り討ちに遭った渡辺監督は「序盤はもっと攻められたと思うし、もったいない攻撃だった」と嘆いた。

 先発の岸を援護したい思いが空回りした。初回に中村の適時打で先制したが、1点止まり。続く2回には阿部打撃コーチが「紙一重だったけど、かみ合わなかった」と悔やんだ場面があった。1死から50メートル6秒2の俊足を誇る斉藤が内野安打で出塁。だが、続く浅村の打席の初球で痛恨の盗塁死だ。斉藤は「鶴岡さんの術中にはまった」と振り返った。相手投手は春日部共栄の後輩・中村。クイックが得意ではないことは頭に入っていた。「勢いづけるために初球からいこう」。そう思った直後、捕手の鶴岡が斉藤を警戒して二塁に送球しやすくするため、初球に外角低めを要求。それを見て「刺されるかもしれない」と迷いが生じ、スタートが遅れた。盗塁死の直後、浅村が中前打を放っただけに悔やまれるワンプレーとなった。

 今月14日以来の首位奪回は果たせなかった。それでも首位攻防戦を2勝1敗で勝ち越した渡辺監督は「最低限。踏ん張った」と前を向いた。日本ハムとのゲーム差は1・5に開き、残り12試合。25日からの楽天戦(西武ドーム)に向けて「今回と同じ気持ちでいってほしい」とナインを再び鼓舞した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年9月24日のニュース