ソフトバンク痛すぎる黒星…秋山監督「詰めが甘いんだよ」

[ 2012年9月24日 22:41 ]

パ・リーグ ソフトバンク1-3楽天

(9月24日 Kスタ宮城)
 試合時間が3時間半を過ぎた直後だった。勝ちがなくなったソフトバンクに最悪の結末が待っていた。1―1の延長10回、守護神の岡島がまさかのサヨナラ2ランを浴びた。岡島は「うまく打たれた。力不足です」と潔く話しが、秋山監督は「何でああいう終わり方をしないといけないんだ。詰めが甘いんだよ」と怒りを隠せない。残り9試合で首位とは4ゲーム差に広がった。ショックな敗戦とともに、逆転優勝の望みも消えかけている。

 ▽ソフトバンク・高山投手コーチ(サヨナラ本塁打を浴びた岡島に)「何の責任もないですよ」

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年9月24日のニュース