松坂 次回登板は今季最終戦 来季メジャー契約への試金石

[ 2012年9月24日 06:00 ]

次回登板が今季最終戦となるヤンキース戦に決まったレッドソックス・松坂

 レッドソックス・松坂の次回登板が、レギュラーシーズン最終戦となる10月3日(日本時間4日午前8時5分開始)の敵地でのヤンキース戦に決まった。ボビー・バレンタイン監督が明言した。松坂は19日のレイズ戦で3回0/3を5失点でKOされ、先発を一度回避することが決まっていた。

 6年契約最終年の松坂にとっては、文字通り、レ軍最後の登板となるかもしれない。今季は10試合で1勝6敗、防御率7・68。現状では再契約オファーが出る可能性は低く、野球人生で初のFAとなることが濃厚だ。最終登板は来季のメジャー契約を勝ち取る上でも重要な意味を持つ。ヤ軍には絶好調のイチローがおり、昨年6月の右肘手術後、初対決が実現する。「イチローさんと対戦したいという思いは、復帰のモチベーションになった」と話す右腕が、イチロー斬りで自身の価値を証明する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年9月24日のニュース